患者様の未来を応援する 「つらい」「なるべくやりたくない」透析から、「明日はより元気になれる」と思える透析へ。それが、おうとくクリニックの透析の願いです。

透析時間は、患者様にとって一日置きに巡ってくる「当たり前の4時間」。

当たり前だからこそ、大切な日常の一部だからこそ、有意義に過ごして頂きたいと私たちは考えています。

当院では、iPadなど情報端末機器を導入し、インターネットで情報収集はもちろん、読書や作曲など様々なアプリによる創作活動ができます。
また、ビデオ・オン・デマンド(VOD)と呼ばれる、毎月映画の新作が配信され、常時80タイトル以上が見られるサービスを提供させていただきます(奈良県でのVODシステム導入は当クリニックが初めてとなります)。

透析室について

個室とチェアタイプの両方に対応


19床 [ チェアタイプ = 17 / ベッドタイプ = 2](個室各1室)

iPadとビデオ・オン・デマンドを導入

新型iPadを導入しております。
是非お手にとってお試し下さい。
iPadについてより詳しく

早送りや巻き戻しも自由自在でいつでも自分が好きなタイミングで映画を選んでスタートできます。
ビデオ・オン・デマンドについてより詳しく


透析治療について

透析液をきれいに

透析治療では、透析液の水のきれいさがとても重要になります。透析液へのエンドトキシン(細菌毒)の血液混入は、様々な合併症の原因となります。そのため、透析液中の不純物をなくし、清浄化を行うことが非常に重要です。

おうとくクリニックでは、東レ・メディカル社製の最新の洗浄消毒方法を取り入れた「トータルクリーン化システム」を導入し、徹底した水質管理を行っています。

トータルクリーン化システムについて

透析装置

最先端の機器<TR-3000M>を導入

透析用監視装置は、多人数透析液供給装置から透析液の供給をうけ、透析のモニターを行う装置です。また、個人用透析装置は透析用監視装置の機能に加え、透析液の調製機能等、一人の患者さんの透析を行うのに必要な機能を備えた装置です。

東レの透析装置は、長年の実績に裏付けされたダブルチャンバ方式(世界初の除水制御方式)を採用し、「安全性、操作性、高機能化、透析液の清浄化(クリーン化)」を高いレベルで実現し、安全、快適、高品質な透析医療を提供すると共に、透析患者さんのQOL(クオリティー オブ ライフ)の向上、医療スタッフの利便性改善に寄与しています。